NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor

8日目② メッツvsアストロズ戦2~コロナパーク~けんか屋~アイリッシュ・パブ

e0008481_1422296.jpg
火曜の夜ということでサラリーマンやOL,仕事帰りの観客もけっこういたと思うんだけど、みんな普通に野球好きなんだね。総立ちになったりすることが多い。値段も日本と比べてかなり安いと思う。

e0008481_1443827.jpg
おっと乱闘寸前。アストロズのピッチャーがメッツ打者に死球を与えマウンド上に火花が散る。みんな煽りのブーイング(勝ってるから余裕ある)。

e0008481_1464266.jpg
野茂の元女房役、ピアザ。いまだに強打者。

e0008481_1491041.jpg
e0008481_1494390.jpg
メッツが一点差を逃げ切り2-1で試合終了。抱き合うメッツファン。これでみんな今日は気分良く帰れるはずだ。

e0008481_1171429.jpgマルティネスの失点は終盤のホームランによる1点のみ。コイツから打つのは相当難しいらしい。

球場からの帰りは凄い人でとてもメトロに乗って帰れる状況じゃない。っつってもけっこうみんな車で来てるけどね。俺らはフラッシング・メドウ・コロナパークに向かった。

e0008481_1215325.jpg
とりあえずこの公園はクソ広い。シェイ・スタジアムも広義ではこの公園の敷地内。テニスコートやサッカー場、あらゆるスポーツ施設と美術館や色んな建物がある。シンボルの地球儀目指してひたすら歩く。途中、ミニ・サッカー場でプエルトリカンの連中に何か言われながらも、ひたすら歩く。

e0008481_1264890.jpg地球儀。大陸は全体的に上の方にあるので下から見るとスカスカに見える。ここで腰を下ろしてDeliで買った葉巻を吹かしながらChil。
miroの幽霊話がおモロかった。

e0008481_1323394.jpg
帰路につき、miroと別れてイーストビレッジを歩いてると、撮影があったので覗いてると、近くで自分を呼ぶ声がする。ここはNYだし気のせいかと思ってると、ダンサーのコロールさんの声だった。Bush Babeez!!全員と、dejavuのRIKAさん、JURA、asamiさん、HBのケイタくんなどダンサー軍団とも言うべき団体が日本人系居酒屋“けんか屋”の前に。席があかず順番待ちしてるみたいなんで俺らは一回帰ることに。

帰ってtogoとChillする。もっと色んな国に行ってみようみたいな話をしたような気が。俺はスペインに行ってみたいんだけど、アムスは俺もtogoも行きたい場所で、togoはさらにロンドンにも行きたいらしく、聞いてるうちに俺も興味を持った。ヨーロッパはひたすら航空費も高く(遠いからね)、一泊一泊泊まるわけだからいくら金があってもキツそうだ。しかしせっかく欧州に行くんだから2~3カ国は廻りたい。ほんと贅沢をいえば一カ国:一週間ずつ過ごせたら、そこの習慣も肌で感じられるしいいんだけど、どんな金持ちだよって話だし。
たとえ話で俺が100万拾ったとして、届けずに、全部旅行に使ったとして足りるかどうか。でもそんな金をゲットしたら“旅行”に使おうって考えるようになっただけでも今回の旅行で自分の考え方が変わったって思う。

e0008481_1471554.jpg
NYのリポミタンDことRED BULL。飲んだことなかったので、疲れてると思うので飲んでみることに。味はちょっと甘くて飲みやすい。togo曰く、かなり効くらしい。

e0008481_1493950.jpg
けんか屋で。飲め飲めコールでどこでもドアのごとく渋谷に戻された。もうみんな出来上がってたので俺はビール一杯だけ飲んだ。店員になんども「うるさいので静かに」と注意されてた(笑)
隣でストリートブランドB.Q.Eで働いているスケーターの人達がで飲んでいて、SHOPカードをもらう。
RYO-Zくんと水~木くらいでCLUBでも行こうなんて話をして俺は別れる。
e0008481_10154437.jpg


e0008481_10163268.jpg
「帰ります」と言いつつ隣のアイリッシュ・パブに入る。実は何度も通りかかって気になってて、本場に近いギネスビールと雰囲気を味わいたくて一杯飲みに行く。
e0008481_101933.jpg
店内はけっこう混んでいた。昔ながらのジュークボックスやビリヤード台があり、みんな仲間とリラックスして楽しんでいた。
e0008481_10214150.jpg
TVでちょうど今日のスポーツニュースをやっていてメッツ戦のハイライトを紹介していた。俺らが入場する前に松井は守備でイレギュラーバウンドの難しい打球を好捕したらしい。それがハイライトに出てきたので4打席凡退でも守りで勝利に貢献したらしい。

映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」でも最初NYは貧しいアイルランド系が多く住みついていた背景が出てくるが、「25時」のエドワード・ノートンの家族や幼馴染みの友達もアイルランド系でパブをやってたな。

e0008481_1446598.jpg
夜のSTOMP

e0008481_14485457.jpg帰りにDeliに寄って雑誌と葉巻と菓子を買って夜更かししてたら変な格好で寝てしまった。こっちは夜食に適当なものがないのが痛い。おにぎり一つあれば…。
[PR]
by omnifactor | 2005-06-08 22:30 | NYC REPORT 2005