NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor

初日② イーストビレッジ~UNION SQUARE~タイレストラン~NYマナー

グランド・セントラル・ターミナルは外壁が工事中。中はすごい高い天井の空間が広がっていて、週末に向けた催し物の準備などもやっていた。
マンハッタンの玄関口のような存在で、バカでかい米国旗と警備員が印象的だった。
e0008481_7294983.jpg

そっからメトロ乗り場へ。
とりあえず一週間分(アンリミテッド7日間)のメトロカードを21ドルで購入。
e0008481_7301064.jpg

togoがブースからメトロマップをもらってきてくれた。
ゲートを通過して6線で8stのAstor Placeまで乗る。

初めてのメトロということで、色々メトロにまつわる情報を聞いてたので少し神妙になって乗り込んだが(笑)、しばらくして別車両から妖しいブラックなどの4人組が移動してきて、車両中央で
ボンッボンッ~
と歌いだした。togoは
「あれは芸人みたいなものでチップを稼いでいるヤツらだよ」
とよくあることのように説明してくれた。
とりあえず、チャリンコを当たり前のようにメトロに持ち込んでる奴もチラホラいるし、けっこうこの地点でカルチャーショック受けてんだけど(笑)
さらにトウゴから、GG駅というメジャーな駅からの乗車ということで、今回は比較的(というか余裕で)安全だが、駅によっては、インフォがわかりにくかったり、置き引きや、ひったくりがあること、それでも普通に気をつけて乗ってりゃ基本的には安全だということ、電車は曜日によって止まる駅が勝手に変わったり、路線自体が休んだりすること、NYメトロ独特の駅の構造などのアドバイスを受ける。
数年前に比べてかなり安全になったらしい。ジュリアーニによる観光化か、9.11の影響か、その両方だろう。

Astor Placeで降りて、徒歩でイーストビレッジのtogo宅へ。地上に上がってまず目に付いたのが笑いながら歩く長身のトレンドで身を包んだような3人組の白人の女のコ+男一人、togoに「あれが日本でいったらギャルになんの?」と聞くと、
「そうだね。あれはモロにニューヨーカーって感じだね。」との答え。
togoには自分のstay areaかもしれないが、俺にはイーストビレッジの民族の混沌とした、それでいて洗練されつつもアンダーグラウンドなイメージもある雰囲気にまずやられてしまった。

セントマークス・プレース周辺にはあのSTOMPがあり、露店や日本人料理屋がひしめいていて、初めてNYに来た俺にはエリア全体が観光地のようにも見える。

俺はパンクに詳しくないが、パンクの聖地ともいうべきライブ・ハウス、CBGBがBowery通り沿いにあり、パンク野郎がCBGBのロゴTシャツを着ている姿を滞在中、5回は見た。
リトル・ウクライナなる通りや、リトル・インディアなども確認出来たが、初日の俺にはウクライナ人と白人の見分けがつかない。
でもイーストビレッジの雰囲気にやられた。俺も住むならイーストビレッジかな、と、まだココしか見えないのに思う俺がいた。

togoのアパートに到着して一息。ルームメイトに軽く挨拶。
正規のルームメイトではなく、本来のシェアメイトのタイ人の又貸しで滞在している女性だった。(海外の学生同士ではごく当たり前な取引らしい)
とりあえず、グラマシー(になるのか?)に住んでるmiroと合流すべく待ち合わせ場所をUnion Squareのバージン・メガストアにして、ryomaの友達のnobuをJASマート(日系ファミレス)に呼んで、シャワーを浴びて外に出る。

合流して、とりあえず、俺はnobuは知らないんだけど、後のヤツらはそれぞれみんなお互い知らない人達な感じで(笑)自己紹介させつつ、どっか食い行くべということで、IZAKAYA IZUというタイ料理屋に行くことにした。
改装かなんかで、本来の場所にはなかったそのお店は、お洒落なレストランの中に間取りしてあって、かなりいい感じ。
e0008481_7303291.jpg

適当に注文したものをつまむ。やはり、日本で食べるタイ料理よりかは本場タイの感じがした(辛さとか。店によって当然違うと思うが)
e0008481_7304529.jpg

これからのCLUBや、観光について、現地在在な3人から色々聞く。
たしかここは予想に反してスゴイ安かったような気が。
5人で軽く食って39ドルくらいかな?
ここで、またチップの初心者には難しいマナーにぶつかる。
細かいのがなかったから50ドルを皿に乗っけてチェック頼むと、店員の女が来て、
「おつりはいらないですね~?」なんつって全て持っていこうとするので、togoが、
「5ドルおつりください」と、すかさず伝える。
e0008481_7305578.jpg

つまりチップが6ドルだとしても5ドルは釣りが返ってくるので、この場合も自分達から伝えなきゃいけないパターンらしい。
(店員もあつかましい対応なほうだとtogoは言ってたが)

俺とryomaだったらそのまま50ドル持ってかれていた可能性がある…。

店を出て、VIRGINを軽く見る。高い。物価がほんとに日本と変わらない。
CDも18ドルから20ドル以上のものも多い。アホらし。メガストア系じゃ買えないな。

そのまま歩きながらNOBUと別れて、togo宅でリラックスしながら話してると、みんな眠くなってきた。
miroは深夜に家に徒歩で帰るというので、送りとか必要なのかな?とも思ったが、大丈夫とのこと。
NYの土地勘はまだわからん。深夜に危ないトコと、まぁ安全なトコの差が激しいんだろうな。
実は、俺的には初日からガンガンCLUB行きたかったが、まだ土地勘が付いてないので、ここはおとなしく寝てやろうと。
[PR]
by omnifactor | 2005-05-31 23:40 | NYC REPORT 2005