NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor

4日目③ ブロンクス~ハーレム

そのまま3rd Aveをヨタヨタ進む。
e0008481_0104911.jpg
FAT JOEのちょっと古めのウォール・プロモ。FAT JOEは文句なしのBRONX一のゲットー・スターだろう。他にもBIG PUNやJOEのグラフィティが多くあるに違いない。

e0008481_0125016.jpg
こんなグラフィティも。一瞬、店内に入りそうになった(それはウソ)

e0008481_0134398.jpg
この交差点を左に進むWESTCHESTER Aveは、ずっと行くとPELHAM BAY PARKまで達する。後日、NY紀伊国屋で買った道路地図は細かくてかなり便利だが、この地点では全然わからない。

e0008481_0165582.jpgBANKRUPTCY WAREHOUSE(2914 3Ave)というディスカウントSHOP。かなり広い。ゴミみたいなJUNK家電まで売ってる。

e0008481_0175928.jpg
(たぶん)154丁目付近の交差点。ここが俺が達したBRONXの最終地点。てゆーか目当ての店もないので、このまま進んでも何もないと思う。
時間的にただ危険なだけ。でもメインストリートと通行人をキープしてれば、まだここら辺は安全だろう。BRONXはマンハッタンよりさらに広い。ココもブロンクスの南端ってとこか。

このまま149stに戻ってメトロに乗ろうとメトロカードを通すと「SWAIP AWAY]だの「SOON LATER」だのエラーが出て通れない。カードはアンリミテッドなので少なくともあと4日は使えるはずだが…もうテンパりですよ♪
メトロカードの磁気は基本的に不安定で、一回シクると18分ルール(アンリミテッドは期間中何回でも使えるが、一回乗ると18分(あくまで目安(笑)くらいは連続して使えない)に引っかかる。

ここでtogoにTELしたり、カードチェッカーに通したり色々うろついたが、togo曰く「待ちたくないならシングルライドを買っちゃったほうが良い」とのこと。そうだよな、限りある時間を無駄にしたくねえよ、と販売機に近づくと一人の不審なブラックが話しかけてきて、どうやら「俺のカードで通れ」と促している。こういうケースを聞いてなかったので一瞬「ハァ?」と思うが、そいつのカードを使ってゲートを入場して奴に「How Mach?」と聞くと「2ドル」と抜かす。つーか2ドルはシングルライドの料金と一緒じゃねーかよと思ったが、別に損はないのと、面倒くさかったので払う。俺はとにかく早く入場したかったのでまぁいいかと思ったが、後ですぐ相場は1ドルって聞いて、やっぱり!と思った。「どうせ買うなら俺のカードを使ってくれ」って言ってたのかな?拾ったカードで稼いでるヤツラか。

e0008481_0342420.jpg
ハーレム135丁目駅。メトロ内はさすがに中心部と比べると雰囲気が違ったが、これでもハーレムでは中心部だ。これより北にはプロジェクトが連なる“シュガー・ヒル

e0008481_037776.jpg
このままLENOX Aveを125丁目まで歩く。ちょっと今日は出発する時間が遅すぎた。もう店は大半が閉まってる時間帯で、雨で周りも暗い。ハーレム病院などを過ぎる。

ここは大通りだが、すぐ脇にはプロジェクトが並ぶ。ハーレムでは栄えてるエリアだろうが、それでもこの時間でわき道に入るのは気が引ける。つーか何もねーし。
e0008481_0429100.jpgでも人やメディアから聞いただけじゃイマイチ感覚
がわからない。実際自分で体験してみて、「あぁ、なるほど、わき道にはむやみに入らないほうが良いっていうけど、なるほどね。何もないし、直感で何か感じる(笑)」と理解できる。それが体験できただけでも収穫。
現地のヤツラと友達だったらもうちょっと深いトコまで入ることも可能だろうが。NOBUの話聞いてると、ゲットーのCLUBとかハンパないとこがあるらしい。トイレとかすごいことになってるとか。

e0008481_0481073.jpg
125丁目。このw125stがメインストリート。つってもすでにお店はほとんど閉まってる。ハーレムは次回、日曜に行って露店巡りや、教会でゴスペルを聴いたりしてみたい。

e0008481_051443.jpgDr JAYSや、日本でいうTSUTAYAみたいな大き目のセル&レンタルDVDストア、スニーカー屋、ジュエリー屋、ダイナーが並ぶ。


e0008481_05222100.jpg
アポロシアター日程)。帰国する週の土曜にCHAKA KHANのLIVEが控えていた(webで知ってたけど。観たかった!)THE NEVILLE BROSのラインナップも!ここもチケットマスターでチケットが買える。
e0008481_0555240.jpg



e0008481_0561160.jpg
マジック・ジョンソン・シアター。貧困渦巻く環境から這い上がりアメリカン・ドリームを勝ち取ったスターが自分のHOOD(地元)に恩返しする。映画館以外にも色んなテナントが入ってる複合施設だ。映画館に入らなかったが、映画が始まる前にマジック自身が大画面に登場し、いかりや長介ばりに
タバコ吸うなよ。おしゃべりするなよ。散らかすなよ。また来週!
と説教をカマすらしい。

e0008481_103847.jpg
大衆的な床屋。すごい数のお客さんでごった返してて週末前にお色直ししてた。ここも教会と同じくみんなの心の寄り所?

e0008481_12645.jpg
駅を過ぎたコーナーにあるのがM&Gダイナー。本場のソウル・フードを食ってみたかったので入ることにする。
e0008481_131299.jpg
そんでもってまた、メニューが…わからん。「コレ何?」と聞くが、女の子の店員が早口でまくし立てるように説明するのでさっぱりわからん。とりあえず、ハムホックス(後でわかったが、豚の足)のセットとジンジャーエール、サイドメニューで“Black Eyed Peas”というのをオーダーしたが、小豆?が出てきた。隣に若いブラックが座り、さっきの女の店員となにやら楽しい会話を交わしている。ソウル・フードはなんつーか濃いね。俺はこんなの毎日食えないよ。最初はおいしいけど。

食後に、さっきの店員に「トイレ貸して」と伝えて奥のトイレに入る。
…臭っ…なんだこりゃ。
汚いとは聞いてたけど、ここまでとは…もう悪臭がスゴい。
バッグは念のため持ってきたけど、用を足す時に置いておくスペースがない。
結局、上に置いたが染みが付いてしまった。

店を出て125stのメトロを乗ってアパートに戻ろうとすると、またメトロカードが通らない。ちょっとブチキレ気味で店員に「今来たばっかなのに通らない」と強い口調で訴えると、一番左の鉄の扉を(アゴで(笑))指した。
(?…コレ、開くのかな?)と開いてみると駅の構内へ入れた。
磁気エラーは日常茶飯事なんだろう、駅員もいつものことだという表情。こういうことならさっきのブロンクスでもテンパればよかったよ。はっきりいって18分ルールとか、磁気エラーとかやめて欲しい。勝手に停車駅を飛ばすのもやめて欲しいッス。これが世界一の大都市のメトロか。慣れれば慣れる?
[PR]
by omnifactor | 2005-06-03 19:54 | NYC REPORT 2005