NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor

5日目③ SHELTER~SPEED~LOTUS~APT~Gas Light Lounge

ryomaと合流し、飯を食ってから一度帰宅(無事帰れました)。togoのgirl friendがアパートに来た。今日もtogoがトシくんにSHELTERのゲストの確認をしてくれている。日本人もけっこう関わってるパーティーらしいがどんな感じなんだろうか?場所はミッドタウン・ウエスト5Aveと39stの交差点付近。4人で出かける。
e0008481_1593436.jpg


フロアは1Fから入り、2Fが狭めのフロアでHIPHOPがかかっていて、Koheiという日本人DJがスピンしてる。3Fが広いメインフロアでDJ Sting InternationalというDJがHOUSEを流している。ガランとしたフローリングの造りで、昔、HOUSEダンサーが技を競い合ってた伝説のCLUBというのも納得。さらに上に登ると屋上のようなラウンジでパーティーが開かれていた。
周りはミッドタウンの高層ビル(でもないけど)で囲まれていて、音とか苦情は大丈夫なのだろうか?

ミッドタウン・ウエストには他にもCHINA CLUB(webのセレブPICコーナーにはヒルトン姉妹や、リチャード・ギアミート・ローフデュラン・デュランなどのセレブがわざわざ飾られているようなマテリアル気質な金持ち系CLUB)、そしてHIPHOP系のパーティーが多く開催される4千人以上収容する巨大CLUB、EXIT(w56st BET 11th & 12th)は、9日にプエルトリカン・パレード前夜祭として、JAY-ZプレゼンツでHECTOR EL BAMBINOAZTEK ESCOBAR、DJにHEAVY HITTERS(DJENUFF,DJCAMILO),CIPHASOUNDS,HOSTにANGIE MARTINEZという大きいパーティーが控えている。ここはマジハンパなくて、連日、JULEZ SANTANAや、TONY YAYO & OLIVIA -(G UNITS)、D BLOCK (SHEEK LOUCH)などがパフォーマンスをし、HEAVY HITTERSの面々がスピンするというメジャーなCLUBだ。
タイムズスクエアに近い目抜き通りの42st沿いにはB.B.KING Blues Club and Grillがあり、滞在中の7日にはJURASSIC 5のLIVEが控えていた(11PMオープンだから基本的にオールナイトなんだろう)。インフォされてたラインナップはJUNE 30にJA RULE,7月にはNAPPY ROOTSMASTER PMUSIQ SOULSTERLUCIANOMAXI PRIESTという錚々たる面子。うまくいけばフェイバリット・アーティストのLIVEが身近に観れたんだけどな。日程とチケットはチケットマスターでもチェックできる)、おとといCHILLしたブライアント・パークもBryant Park Cafe and Grillが夕方からオープンしてる。

ここSHELTERは、俺の帰国する次の週にBACK TO THE 90's WORLD TOURというパーティーがあり、東京からToshiyuki GotoDJ NoriAlexDJ KAORIYou the Rock★、そしてDJ DANNY KRIVITDJ SPINNAも回すというハチャメチャなパーティーも(G-SHOCKがスポンサードしてる)。またtogoのバイトしてるO-Planning:odoru-nycがよくパーティー会場に使うらしく、彼ら主催のDJ HONDAをレジテンドに迎えたパーティーも多く開かれている。俺らが渡米する寸前まで565とTWIGYがDJ HONDAとの仕事でNYに滞在してたらしい。本当は滞在中にHONDAを迎えたパーティーもあったらしいがキャンセルになってしまったらしい。残念だ。
そしてCLUB SHELTERのオーナーでもありHOUSEシーンの大御所DJ、Timmy Regisfordがメインで週末を固めていることでも有名な老舗箱だ。Timmy Regisfordは第3,4土曜にスピンする予定で、25日にはセントラルパークの昼間にフリーの大きなパーティーを行う予定だった。

e0008481_1621996.jpg
飲んでるだけならやっぱり屋上のラウンジが開放感があって良い。

一番下のHIPHOPのフロアでryomaとCHILLしてると、日本人の在NYのMCの幽鬼RWEMYってヤツが声を掛けてきた。なんでも自分のパーティー(“鬼面祭”@Z Lounge)をプロモートしてるらしく、togoの知り合いで一度も日本に行ったことがないらしい。そんでもって俺も知ってるがDJ MUNARIの後輩だったらしい。
e0008481_16215859.jpgそしてもう一人MCという日本人のコが話しかけてきた。彼は日本から来ているらしく、自分で作品を作って売ってるらしい。そしてCDを見せてきて俺に手渡した。そして自己紹介と名刺交換のあと、
「で、どうですか?10ドルなんですけど…」
と尋ねてきた…


「……?え? もしかして営業してるの俺に?」
と思わず聞き返してしまった(笑)なんで貧乏旅行してんのに、知らない日本人MCの自主制作CDを10ドルも出して買わなきゃいけないんだっつーのと思い、「いやー金に余裕がないし、まだまだ滞在予定だから今度にしとくわ」
と返答すると、「そうですよね~…


じゃあ5ドルでどうですか?」と時間差で切り替えしてきた(笑)そういう問題じゃねーんだっつーの!金あればいいけど今もらっても邪魔だし。しかも彼は俺のパーティーにも出てるFRANKENの旧友だということで、ryomaに振って、適当にその場をフェードアウトしといた。
togoは離れたトコから見てて、俺らが楽しく会話してるっぽくて良かったと思ってたらしい。ちなみにryomaも会話が盛り上がった後にCDの営業を掛けられたらしい。

俺は一人で飲み始めてウロウロしながら階段を見つけて登り降りしてるうちに、自分が今何階にいるのかわからなくなってしまい、普通にフロアを出たつもりが、通常なら入れない別営業のB1のSPEEDに出てしまった(笑)
しかもSHELTERは土曜なのにどのフロアも満員には程遠い集客だったのだが、ココはデカいフロアにギュウギュウの客がいて、しかもブラックの女ばかり…。その異様な光景に…まずビールを飲む。
e0008481_16251382.jpg
どうしても溶け込めないので出ることにした(後で聞いたら、土曜のSPEEDのレズナイトは有名らしい。どうりで違和感があったはずだ…(笑)
(俺はどういう動きをしたのか?渋谷のHARLEMの1FエントランスからATOMの入り口に入っちゃった系かな?)

一度出てしまったので、俺はさっさとタクシーに乗り、もともと一人でも行こうとしてたミート・マーケットのCLUBへ。
タクシーの乗り方というか、行き先の説明の仕方は一応インプットしたはずなんだけど、一度も行った事がないスポットに行く場合で、運ちゃんに「ここら辺でいいのか?」と聞かれた時、とっさにわからず焦ってしまう(笑)。
とりあえずここら辺なのは間違いないので、
「OK!OK!You can stop near here」
なんて言って降りて、現在位置から確認。

e0008481_16393947.jpgLotus。旬のCLUBらしく、エントランスにはドレッドでジャケットを着たイケメンのブラックが対応していた。時刻は3時近かったが、メインフロアはけっこうな人が踊っていて、ジャンルはHOTEL COSTESみたいなお洒落系だったような。内装はゴージャス。天井が高く、併設されている中二階はフロアと同じ奥行き。
e0008481_1895147.jpg
階段で中二階へ上がる。音が変わったように感じたが、酔っ払い過ぎてたかも(笑)。ここはシックな感じで、ラウンジからメインフロアを眺められる。奥はVIPルームなのだろう仕切られている。暇そうにしてる女2人組の片方と会話になるが全然続かず。ここもVIP的なCLUBで、上流階級向けみたいな感じかな。でもみんなで飲みに行くのであれば良いかもしれない。内装はゴージャスなので一見の価値あり。

30分くらいで出て近くにあるAPTに向かう。なんか今思い出しながら、はたしてあそこがホントにAPTだったか記憶が妖しいが(笑)HPの内装と違い過ぎる。そして、帰国後APTに行った事ある友達と話してもたぶん違うトコだったんじゃねーかと…)、(本来の)APTは最近隠れ家的なCLUBとしてブレークし、かつコアな音好きフリークにも支持される箱として、DJ JAZZY JEFFや、July 16にはDJ MUROも“StraightOutta Tokyo”としてラインナップされている箱だ。
後日、APTの隣に“Trust”というCLUBがあるのがわかったが、もしかしたらそこに入ってしまったのかもしれない。
e0008481_16573494.jpg
中はまたとりあえず俺が入った〔APTだと思って入った謎の〕CLUBは内装がクソヤバい。酔っ払ってたからかもしれないが、青い仕切りレースがやたら神秘的に見えた。全体的なフロアは1フロアだが、仕切られているソファー・ルームではそれぞれ色んなグループが盛り上がっていて、ジャンルは意外にHIPHOP!週末は絶対HOUSEかなんかだと思ったんだけどな。でも客は金持ちそうな白人ばっかでノリノリで週末を楽しんでいた。ここも30分くらいで出る。

e0008481_1724788.jpg
ミートマーケットCLUB街周辺の交差点。なんか浮かれたバブリーな人種とそれについてく女が印象に残った。とても気持ちを高ぶらせてくるけど、最先端?クリエイティヴか?といったら疑問が残る。
女2人組(上の写真の女じゃないよ)が、道を尋ねてるのか、ライターかなにか持ってますか系で尋ねてくるが、早口で全然わからない。俺が英語をわからないとわかると相手はすぐどっかにいってしまった。英語かぁ。

e0008481_1774241.jpg
9Aveとw14stのコーナーのGas Light Loungeというガスパニックみたいなフリーエントランスのラウンジ・バーに入った。
e0008481_1710136.jpg
すごい人でごった返してる。バーカウンターに行けない。進めない。酒も買えない。15分くらいで出てきた。でも4時くらいにはcloseするって情報はウソだね。全然どこもやってた。

このw14stの交差点でホットドッグの露店に立ち寄る。俺の番が来て、マスターに注文すると左にいたガキがなにやら話しかけてくる。マスターは「お前は黙ってろ!」となんか言ってるが、ガキは「シット!あっち行こうぜ」と俺をナビく。
俺は最初、コイツは露店の見習いサポートのガキだと思ったが、この地点でドラッグ・ディーラーだとわかった。良い経験なのでわざと色々聞いてると、「クサは良質もものが25ドル、それ以外もあるぜ」と営業してくる。とりあえずあんま長引くと先方も期待してしまうので「No Thanks,see you」と別れたが、ホットドッグもあんま美味くなかった。

こっからまた冒険カマしてみる。タクシーで帰るようにtogoに言われてたが、歩いて帰ってみることに。いったい途中に何件CLUBがあるのだろう。
e0008481_17192247.jpg
ここもNIGHTLIFEに載ってないCLUBだ。

e0008481_1721246.jpg
GARAGE。あの老舗のGARAGEだろうか?土曜なのに閉まっていた。

e0008481_17223094.jpg
チューンナップされたリムジン。ミリオネアー達の週末は終わらない。

e0008481_1724276.jpg
ここもNIGHTLIFEに載ってないCLUB。
しかも俺は重大なミスを犯した。ミートマーケット周辺の地図を破ってポケットに携帯していたが、東の方角に歩けばいいと思ってたが、地図の範囲を超えて、現在地がわからない(笑)。通り名が数字の碁盤目システムに慣れてきたので、9Aveのw14stと聞けば、だいたいマンハッタンのどこら辺にいるかもなんとなくわかってきてたので、それでいけるかと思ったが、ユニオンスクエア辺りの中央部で、通り名が固有名詞になると、全然わからなくなってしまった。
イーストビレッジまでの地図も破って携帯しとけば良かった。最悪タクればいいんだけど。そこで大きな罵声とともになにやら物騒な騒ぎが…
e0008481_1732989.jpg
脇の通りの向こうでケンカが始まった模様。一人はブラックで、一方的なのか、殴り合いなのかまでは不明だが、かなり激しい。CLUBかBARから出てきてるっぽかった。こういう場面で銃まで飛び出すのはレアなケースだと思うが、持ってる人は持ってる。しばらく野次馬になる(遠くから(笑)幸い止めてるヤツもいるようだ。

e0008481_1736591.jpg
もう通り名は数字表記にしてくれよマジで。この先、うかつにも覚えていたはずのBowery通りをひたすら南下してしまう。

e0008481_1740859.jpg
THE RED LIONASYLUMが連なる店前をリムジン3台が場所取りしてる。もうみなさんお帰りの時間ですよ。THE RED LIONは特に賑わっていたが、両CLUBともNIGHTLIFEにはなかった。いったいNYにはいくつCLUBが存在するのだろう…

e0008481_17435070.jpgだから標識は数字表記にしてくれっつーの!
でも歩いてると色々な物事を考えられて良い時間になってるのも確か。こうしてる今でも普段出さない緊張感を保ってるので、東京でも同じくらい緊張感を保てばトラブルに巻き込まれない!?まぁトラブルなんて巻き込まれる時は巻き込まれるんだけどね。


e0008481_17475541.jpg
MISSION。Bowery通り沿いだが、この地点でイーストビレッジを下に通り過ぎてます。俺はさらに南下してしまう。そしてブルックリン・ブリッジが見えた瞬間に白旗をあげてタクシーに乗る。まぁ近かったけど。
帰宅したらもうみんな寝てた。長い土曜が終わったゼ。
[PR]
by omnifactor | 2005-06-04 22:18 | NYC REPORT 2005