NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor
昨日、かなり遅くまで起きていたが、NY2日目、8時過ぎには目が覚める。
今回のNY行きの目的は、プライオリティ順に、自己啓発&リセット、観光、CLUB巡り、と思う存分自分と向き合って限界まで遊ぶことが使命なので、買い物とかはかなりプライオリティが低い。
目的によって個人差があるし、他人に合わせていると自分のやりたいことを逃してしまうので、俺は俺でと、みんなが寝ている間に一人で出かけるつもりが…
ryomaを起こしてしまった…(笑)
「俺も出かけます」
の一言で、準備を待つハメに(結局、2人のほうが発見も2倍で楽しい場合が多かった)。

e0008481_1031396.jpgまず、1stAve沿いのマックで、初マック。togo抜きの初食事だが、思うように注文出来ず…
「ダブルチーズバーガーくれ」
と言ったつもりだが、なにやら「チーズは切らしている(?)」らしく違うのを頼めと。
(普通のバーガーにもチーズは入ってるのだが…)
しかも、ほんっとに無愛想なレジ店員で、結局、違うセットをオーダー。
しかも待たせ過ぎ。
その間、店員同士でオチャらけているが、俺が店長でココが日本なら全員解雇だな。
初イラツキで、かなりそいつにガンたれてしまったが、コッチの常識を早く理解して、軽く流せるようにしなくては。
そのまま1stAve~アレン通りをロウアー・イーストサイドへ。
e0008481_148307.jpg

e0008481_105426.jpg


e0008481_106693.jpg途中の露店でryomaがしきりに立ち止まり、インド系の露天のベルトを物色してる。
日本と比べてメチャ安いらしいが…
e0008481_1065064.jpg
この辺りになっていくと中心街から外れて、夜の治安は良くなさそうだ
e0008481_1485448.jpg
飲みかけのビールが道端においてあったりする。ただオーチャード通りなどお店が連なる通りもあるが、ギリギリまだ開店前の時間なのでスルーする。

こっからチャイナ・タウンを見に行こうとしたが、海が見えたので自然と海のほうに向かってしまう。マンハッタン・ブリッジだ。向こうにブルックリン・ブリッジも見える。
e0008481_107217.jpg

そっからチャイナ・タウンに向かう。日本の中華街の本格版といった感じか。
e0008481_1075724.jpg
e0008481_1081588.jpg
トラベラーズ・チェックを現金化しなきゃならなかったので、大通(CHASE)銀行へ。
観光客のT/Cの換金は、時間がかかる上にメリットもないから面倒くさそうだったが、女性の窓口(もちろんチャイニーズ)は親切に対応してくれた。(かなり時間がかかった)

togoいわく、友人宅、もしくはセキュリティーのしっかりしたホテルならT/Cは必要ない=面倒なだけとのことだが、やはり初海外で宿泊するなら、リスクを考えたらT/Cは無難だろう。

そこからリトル・イタリーへ。
e0008481_109073.jpg
街がどんどん変わっていくのがNYの見所と、昨日、在在組が口を揃えて教えてくれていたが、チャイナ・タウンとリトル・イタリーの境界線が一番コントラストがはっきりしていた気がする。
漢字の街が、あるポイントからイタリア語の街に早変わりだ。
ただ、現在はチャイナ・タウンに侵食され、減退傾向にあるらしい。

そのままトライベッカを横切ってブロードウェイを下に移動しつつ適当に店を見る。
ここでryomaが店を見たいとのことで、観光の俺と別行動に。
ここら辺はどう考えても、竹下通りのお土産屋みたいなトコしかなさそうだが大丈夫か…?

俺はウォール街を見て歩く。映画「ウォール街」の舞台だ。いきなりビルが高くなるが、地震のない米東海岸は、地面からいきなりニョキッと200メータークラスのガラス張りのビルがボンボン建ってるので、日本の西新宿と比べてもちょっと違う。9.11では、その特異な造りが弱点となった。

ここら辺はイサム・ノグチという日本人作のRED CUBEや、庭園がある。
e0008481_1095581.jpg
(下にチロっと見えるのがRED CUBE)
e0008481_10103327.jpg
(向こうに見えるのがトリニティ教会。1846年当時NYで一番高い建物だったらしい…)
e0008481_13533617.jpg
左側がNY証券取引所
e0008481_13541068.jpg
初代大統領ジョージ・ワシントン像のそびえるフェデラル・ホール・ナショナル・メモリアル
観光ツアーのおばさん達で賑わう時間帯だ。

e0008481_13543769.jpg
また、北京五輪後の2012年のオリンピック開催地に立候補していたNYCは街のいたるところにオリンピック・バナーが張られてアピールと高揚を誘っていた。現在のままだと治安悪化やテロの餌食になるのが目に見えているが…(後日NYは破れ、ロンドンが64年振りに開催地となった

最南端のバッテリー・パークへ。フェリー客や修学旅行の生徒多し。
自由の女神を見ようと最南端岸へ。
e0008481_13463128.jpg

公園は子供や犬、リラックスしたサラリーマンや家族で賑わっている。ほのぼのだね。
e0008481_13465829.jpg
露店でドッグフードとSnappleを買う。snappleは日本にもあるけど、こっちのジュースのスタンダードだった。
e0008481_13471365.jpg
自由の女神扮する芸人と写真取って、チップを入れようとしてが、これまた相場がわからない。
相場があるのかもわからなかったので適当に50cent入れたら「1ドルからだ」と注意されてしまう。自由の女神に言われてもなぁ…
[PR]
# by omnifactor | 2005-06-01 09:53 | NYC REPORT 2005