NY travel in June, 2005 that became initial experience


by omnifactor
e0008481_17351229.jpg
ジャクソン・ハイツのメインストリートをそのまま歩く。
ブルックリンのフルトン・モールとかより数倍面白いのは様々な文化が入り乱れているためか?
e0008481_17492034.jpg
途中、ECUARECORDSというメキシコ系のお店でメキシコ女のグラフィティが描かれてラミネートされたポスターを7ドルで、メキシコのHIPHOPコンピCDを9ドルで購入。レゲトンも良いが、ラテン圏の(スペイン語?)イントネーションのHIPHOPも気になってたので。
以前、「CITY OF GOD」や、メキシコの映画で流れる現地のHIPHOPを聴いたとき、スペイン語独特のイントネーションのFLOWに、RUGGEDなビートにすっかりトバされたんだけど、HMVやタワーなどの外資系レコード店でもなかなか売ってないんだよね、ラテン圏のHIPHOPは。
ちなみにコレは、あんま良くなかった…。

e0008481_17394911.jpg
おそらくタロット屋。
通りのいたるところにある雑貨屋ではメキシコや南米の神様や悪魔の像がやたらと売られていた。
写真は撮らなかったが、“悪魔”がかなり怖くディフォルメされていて、まるで漫画(ドラゴンボール系?)に出てきそうなキャラが多かった。
思うに南米では、仏教や厳格なキリスト教と違い、“悪魔”は“存在してしまうもの”、“嫌でも付き合っていかないといけないもの”と認識されてるのではないだろうか?
南米は貧しいし、キレイ事だけでは語れない国が多い。やたら悪魔がコミカルに描かれていたのでそう感じてしまった。

e0008481_17452854.jpg
ここまで来て、引き換えして逆サイドの店を見ていく。

e0008481_17463773.jpg
店内でいきなりインディアンがお出迎え。ショーウインドウには七福神?がディスプレイ。
混沌とした世界観。

e0008481_1750852.jpg
露店でカットされた果物を買う。しかし自分で選んでしまったために熟していないものをチョイスしてしまった。2ドル。まだすっぱい。

e0008481_1753416.jpg
ここにも貼りだされていたMiguel Cotto (vs Mohamad Abdulaev)のウエルター級タイトルマッチの告知。12日にマディソン・スクエア・ガーデンで開催される。やはりラテン系の英雄ということで、ここ近辺では人気が高そうだ。

e0008481_17554891.jpg
さっきのインディアンな露店で、俺をしきりに呼んでいたアクセを購入することにした。10ドル。値引きをする雰囲気じゃなかったのが悔しいが、マスターは俺が選んだ飾り物を焚火に押し付け、なにやら呪文を唱えている。そして手でクロスを切り厳格な雰囲気で俺に授けてきた。思わず俺も厳格な雰囲気で受け取ってしまったが、いったいどこの国のものなのだろうか?

e0008481_1802681.jpg
駅周辺の映画館。ポスターもちょっとラテン風味に味付けされている。ここからメトロに乗ってマンハッタンに戻り、F線でwest4stまで乗る。

4stで降りて地上に出て方角を確認していると(ほんの一瞬だが)、すぐに女の人が「どこへ行きたいの?」と声をかけてきた。…過剰すぎるホスピタリティ…。
「プリンスストリート」と答えると、丁寧に教えてくれた。「Thank you too mach!」と答えるしかなかった。

そういえば俺はなぜか癖で満身の笑顔で「Thanks!」とだけ答えてしまうのだか、日本語だと「どうも!」になるっぽいから、とても世話になった時にはちょっと失礼かな?とか思ってみた。

e0008481_1872960.jpg
夕方。バスケをPLAYするキッズ達。

日曜にも来たGirlPROPS(135prince st)で、気になっていたサングラスや、お土産を購入。そのままNJへフェリーが出ているダウンタウンのウォーターウェイ・フェリー乗り場へ徒歩で向かう。

e0008481_1814238.jpg
e0008481_18191487.jpg
途中のスポーツ・バーBUSTER'S GARAGE。仕事帰りのサラリーマンなどでヤンキース戦が盛り上がっている。メッツとヤンキースじゃあファン層が全然違う気がする。ヤンキースは唯一、選手の“髭”が禁止されているし、けっこう保守的な雰囲気があるので、生粋のニューヨーカーのファンが多いのでは?

ダウンタウンの下のほうまで意外と長く感じた。NY着いて2日目に行った時はパワーと好奇心に溢れていて疲れとか気がつかなかったが、この10日間歩きっぱなしで足もけっこうキテるかもな。

e0008481_18211431.jpg
再び訪れたWTC跡地。前回は反対側のブロードウェイ方面にいたが、今回は西側。
この前、「9.11」のドキュメンタリーを観た。この辺は全部瓦礫や塵で壊滅状態だったはずだ。貿易ビル2本分の塵がストームとなって迫ってくる映像に“恐怖”を感じた。撮影してた女は命拾いして涙声になっていた。
ビルが崩れ落ちる時、街で呆然と立ち尽くす通行人の目を真っ赤にした表情が忘れられない。

このままフェリー乗り場へ向かう。途中、白人ポリスがいたので、「ホーボーケンに行きたいんだが、このまま行けばフェリー乗り場に着くか?」と訊いたところ、すぐ近くだったらしく、(面倒くさそうに)「そうだ」と答えてきたが、かなり高慢な印象だった。

e0008481_18262347.jpg
ハドソン川沿いの公園でまたしても子供を撮ってしまう。お化けでも見たかのような正面の子の表情が気になるが…(笑)
他にもモデルがお忍びで撮影していたり、ジョギングやサイクリングをしてる人がいたり。

フェリー乗り場に着いたが、線がいくつかあるらしく、ホーボーケンも北ホーボーケンと南ホーボーケンがあるらしい。
切符売り場で聞いてもわからずにちょっと戸惑う。
2人組みのブラックがなぜかチョコレート持ってうろうろ売りつけに回っている(頼むから俺に話しかけるな!と思う)。

とりあえずフェリーが着てしまったので、売り場のじじいに「この船でホーボーケンに行きたい!」と告げ、3.5ドルで切符を購入。意外に安い。

e0008481_18331719.jpg
e0008481_1834355.jpg
フェリーからみたマンハッタン。

e0008481_18363746.jpg
船体が逆になり、ニュージャージーの北ホーボーケンの街並みが。
またマンハッタンとは違う街の予感。
e0008481_18384815.jpg
ノース・ホーボーケンに到着。ちょっと古めかしい街並みがいい感じだ。
[PR]
# by omnifactor | 2005-06-09 17:32 | NYC REPORT 2005